<2016年4月19日(火)>
長年を経て育っていく学力の差は、
自立学習をいかに積極的にできているか否かににあると思います。
習慣自立学習も、育てます。
お子様が小さい頃、早寝早起き、歯磨きの習慣など、
忍耐深く、ご指導されたのと同じだと思います。
習慣がその人を形成していく。と言っても過言でないでしょう。
良いことの習慣化は、小さい頃ほど、良いと思います。
学習習慣は、環境が変わる小学1年生~が良いでしょう。
学習習慣の育て方について、
ショウインのブログにも、記載されていましたので、載せてみました。
 

学習塾「ショウイン」の学習サポートセンター公式ブログ より
2016年4月3日 日曜日
宿題と学習習慣について

 

ときどき学校の宿題について、取り組み方の質問を受けます。
宿題についてはズバリ!
宿題はさっさと終えれば気分が良い!
これを、子どもに刷り込むことです。
その日に出された宿題は、その日のうちに片づける。
しかも、夕食前に。
宿題一つをとっても、
毎日きっちりこなすことができれば、立派な学習習慣の一つになります。
習慣付けるためには、ルールの設定が不可欠です。
例えば、こんなルールはいかがでしょうか。
夕食前に宿題が終わっていたらシール2枚、
お風呂の前に宿題を終えられたらシール1枚
というルールです。
1ヶ月など、決めた期限内に
シールで埋め尽くすことができたら、
ご褒美を与える・・・、お菓子でも図書カードでも良いと思います。
宿題をやったかやらないかの管理は、シールやスタンプに置き換え、
同時に子どもが達成感を味わえるように演出することが大切です。
子どものやる気を引き出し、
自主的に勉強する習慣をつくってあげること。
ショウインの塾生だけに限らず、
自立学習力」は、全国の子どもたちに身に付けてもらいたいことです。