<2011年12月7日>

  
教室内には、生徒さんに伝えたいことを掲示していますが、

推薦入試準備中の中学3年生が、気に入ってくれた言葉があります。

知識が増す分、自分の世界が広がる  です。

 
「先生、推薦入試志願の文を書いていかんといかん。 下書き頑張らんといかんから、

見てください。 僕の人生がかかってますから。」

推薦入試志願の文を見る話の中で、この言葉いいでしょう?」と、伝えたものです。

   ※内緒:娘が小6の時に書いてた詩から、ひらめいて、書き換えたものですが・・・。

志望理由書を書くにあたり、また、これからの人生、頑張って欲しくて伝えました。 

それを、とても気に入ってくれて、「先生、僕の座右の銘にします。」と、A4の用紙に、

大きく、きれいに書き写していました。 

そして、言葉の横に伊達と書いて、満足げでした。

「さあ! 気合いも入って、気持ちも充実! 頑張るよ!」

「はい! 人生、かかってますから、頑張ります。」 

     
  
後日談:第一志望校・香椎工業高校合格でした。

    夢の野球部部員として、活躍中です。