中学3年生の時、高校受験で頑張ってくれた生徒さんのお母様より、

  「『大学受験を頑張りたい。』と言っています。見ていただけますか?」と、嬉しい電話

  いただきました。

  高校受験では、「マイペース」の打破ができられず、充分な学力アップには至られません

  でした。

  そういう中で、お母様は、私立高校(推薦入試)確定後でありながら、「もう少し、学力を

  上げて高校入学を迎えて欲しいので、3月まで勉強を見てください。」と、通塾の継続を

  選択してくださいました。

  「高校では、トップを目指すとよ! そしたら、道が見えてくるから。 頑張るとよ!」と、送り

  出しました。

  その言葉通りに、頑張ってくれたようで、大学受験の推薦入試可能な点数を持 って、訪ねて

  くれました。

  大学受験の準備に、戦いの場に、先の人生が左右されかねない大切な学びの場として選び、

  再び、我が教室に託していただきましたことを、緊張もありますが、本当に、嬉しく思いました。

  早速、16日より、通塾開始です。   頑張ります!!

  後日談:第一志望大学・九州女子大学栄養科に合格されました。

           勉強も、頑張って頂きましたが、 小論文指導、面接指導に力注ぎました。

    ご本人も、作文不得手、自己表現下手の克服に、努力されました。

    講師の先生もあきらめられませんでしたが、ご本人もあきらめず、目標だけを

    見つめて、努力されたところに、勝利があったと思います。