子どもが何かに疑問を抱いたとき、子どもにどのような答え方をしていますか? 
 
  子どもが疑問を抱くときは、子どもの頭脳活動が大きく飛躍し、自分でものを
  考える力をつけていく絶好の機会です。
  子どもが自分から勉強するようになるためにも、答え方には注意が必要です。
  それでは、具体的にどのように答えればよいのでしょうか。
  注意すべきは1点です。それは、「懇切丁寧に答えをすべて与えないこと」です。

  子どもが親に答えを求めてくる時に、感心な子と思うあまり、もっと勉強を進めて
  もらいたいという思いもあったりして、答えをすべて教えてしまうかもしれません。
  しかし、それでは子どもが自力で考える習慣が育ちません。
  例えば、手品の種を考える時に、親が、子どもの途中での種あかしの要求に、
  全て答えたとしたら、子どもの手品の種を自分で発見したという喜びは半減する
  でしょう。
  自立心の強い子を育てるためにも、「子どもの疑問に、全部、答えない。」という
  こと大切です。 そういうことを少しでも意識していただいて、家庭内において良い
  学習環境を整えていただければと存じます。
 

  子どもが親に答えを求めてくる時に、感心な子と思うあまり、もっと勉強を進めて
  もらいたいという思いもあったりして、答えをすべて教えてしまうかもしれません。
  しかし、それでは子どもが自力で考える習慣が育ちません。
  例えば、手品の種を考える時に、親が、子どもの途中での種あかしの要求に、
  全て答えたとしたら、子どもの手品の種を自分で発見したという喜びは半減する
  でしょう。
  自立心の強い子を育てるためにも、「子どもの疑問に、全部、答えない。」という
  こと大切です。そういうことを少しでも意識していただいて、家庭内において良い
  学習環境を整えていただければと存じます。