<2017年3月7日(月)>

 

成績が上がらない生徒さんの共通点は、勉強に対して積極性がない!ことです。

 

積極性がなければ、成績上がらないのは、当然と言えば、当然ですが、

 

それでも、何ともないのです。 楽が良いのです。

 

先生やお母さんに、怒られない程度の勉強をするのが、勉強なのです。

 

 

3月~、入塾中学1年生がいらっしゃいます。

 

素直にコツコツと勉強を進められ、良い生徒さんです。

 

しかし、を言えば、勉強に対する後一歩の積極性が欲しいのです。

 

 

スタート学習のミッション(復習)がまだ、終わってありません。

 

分数(5年Ⅰ)  90点  3月2日

 

分数(5年Ⅱ)  93点     6日

 

分数(6年)    89点     6日

 

平面図形     98点    7日

 

正負の数Ⅰ 途中 98点   7日

 

難なく終えられて、優秀です。

 

ここに、積極性が感じられないのは、「ミッションをさっさと終わらせて、他の勉強、

 

自分がしたい所の勉強がしたい!」という速度がないということです。

 

積極性があれば、土、日を使うでしょう・・。と、見るからです。

 

 

優秀なのに、学校での定期テストの結果を聞くと、「真ん中くらいです。」と。

 

まあー、真ん中だから、いいや! という感じでしょうか?

 

この生徒さんに、積極性さえ加われば、定期テスト400点~450点行かれる生徒さん

 

と思います。 もったいない話です。

 

 

帰られる時に、尋ねました。

 

「お家では、毎日、どのくらい勉強してる?」

 

「30分くらいです。」

 

「ふん?」

 

「40分くらいです。」

 

「えっ!」

 

「1時間 します。」

 

「1時間は、小学生がする勉強時間よ。中学生は、2時間はしないと・・。」

 

「志望校はどこなの?」

 

「?、?、家の近くの・・。」

 

「香住丘?」

 

「・・・。」

 

「香椎?」

 

「何かそんな感じ・・。」

 

など、話して、毎日の家庭学習は、2時間以上すること。まずは、1時間半を目標に!

 

各教科20点上げることを目標に、まずは、10点ずつ上げよう! と、伝えました。

 

「はい。2時間がんばります。」と、にっこり、家庭学習記録表を持って帰られました。

 

 

目からウロコだったでしょうか?  勉強を楽しんで欲しいです。 

 

変化があることを期待して!