<2013年6月8日(土)>

 
  中学校、高校の期末テスト前です。

  早い所は、13日、14日。遅い所は、20日、21日のようです。

  より多くの問題を解くことで、暗記はより強く定着します。

  テストは、どれだけ覚えたかを判断するものです。

  100点を目指し、たくさん、覚えましょう。

  間違ったら、「どうして?」と、正しい答を覚えれば良いだけです。

  
  

  私は、80点を取るくらいの人。
  

  私は、70点を取るくらいの人。

  私は、50点を取るくらいの人。 と、いつの間にか、限定ラインを引いていませんか?

  

  一生懸命、勉強したら、皆、90点以上、取れるのが、中学校の問題です。

  その限定ラインは、どうしてできるか?

  それは、努力量の差です。

 

  可能性は、大です!
  
      以前、中1、1学期の期末テストが終わって、入塾された生徒さんがいらっしゃいました。

  テストの結果を聞くと、78点、76点、80点、・・・でした。

  「自分は、80点以下くらいを取る人、と思ってなーい?」と尋ねました。

  「??、はい・・。」

  「試験前は、別にして、いつも、家庭学習は、何時間くらいしている?」と、尋ねました。

  「1時間です。」 即答でした。

  もう少し、上の点数、目指してごらん。 目標をまずは、90点とか。」

  ビックリしたお顔でした。

  「家庭学習時間、1時間で、この点数なら、家庭学習目標時間を3時間にしてごらん。

  そして、目標点数を90点にする! まあ、3時間が大変なら、2時間を目標に、

  1時間半から⇒2時間に延ばしてごらん。 そして、『私は、90点取れる人!!』と、

  意識を変えてごらん!

  その後、その生徒さんは、家庭学習時間も延びられ、テストの点数も上がって行かれました。

  中3、3学期の冬休み明け実力テストでは、5教科平均89点になられました。

  意識改革と、家庭学習時間を延ばすだけで、大きく変わられるものです。

  頑張って行きましょう。 

        http://showin-spt.blogspot.jp/           ショウイン・サポート・ブログ