松陰香椎塾ホームページ http://pega-kasii.jp/
      

今日の検索きーワードの中に、正負の数 分からない」がありました。

想像ですが、今、中学1年生でしょう。

「正負の数」
は、小学校ではかけ算のようなもの、中学校数学の土台です。

「正負の数」が分からないなら、次の「文字と式」「方程式」など、今日まで、数学は分からない

ままでしょう。

「近いならいらっしゃい! 無料体験学習で、分かるキッカケをようになるから。」と伝えたいです。

「分からない。」というほど、難しいものでもないのですが、混乱する場合もあります。

覚えるコツは、たし算、ひき算の符号の変化の決まりごとを覚えて、短期間内に練習をくりかえす

ことです。

次に、たし算、ひき算の時と同じ様に、かけ算、わり算の符号の変化の決まりごとを覚えて、

短期間内に練習
をくりかえすことです。

たし算、ひき算の時とかけ算、わり算の時の符号の変え方の違いを比較して、混乱しない様に

覚えることです。

少し練習して、間をおくと、前覚えかけていたことを忘れて、混乱の元になりやすいです。

コツは、一気に、練習して、覚えることです。

「教科書をよく読んで分かりにくければ、先生か、友達に尋ねてごらん。」と、伝えたいです。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉があります。

勇気を出して、尋ねて、「分かった!」にしましょう。

または、無料体験学習に見えて、勉強のキッカケにされると良いでしょう。

オリジナル教材のくり返し学習で、よくわかる様になります。 

「正の数、負の数」が分からず、見えた生徒さん、皆さん、わかる様になられます。