<2011年12月29日>
  毎年、今頃、書かせていただいていますが、 「1月~3月は、通塾開始に良い時期です。」と。
  ① 3学期は、1、2学期に比べ、生徒さんは落着いています。
        新しいことを始められるのに、最適です。
  ② 今までの復習をして、予習もして、新学年をを迎えられます。
    このことが、新学年のポジションを良くします。自信となって、勉強も進みます。
   
  通塾は、4月~と思われがちですが、落着かないままに、すぐ、6月くらいになって、
  通塾開始時期が遅れてしまいます。
  ことに、新中学1年生は、中学に入られて、英語が遅れられないように、数学の土台である「正負
  の数」の理解が順調に進まれますように、早い通塾が良いでしょう。
  その為には、「通塾開始は、1~3月のなるべく、早い時期が良いでしょう。」
  例えば、夏期講座から通塾されて、その成果がでるのは、3ヶ月はかかります。そして、2学期の
  通知表(あゆみ)を見られて、その成果がはっきり、分かられます。
  それが、自信となられて、更に、勉強に力が入って見えます。
  そういう流れから見ますと、通塾効果大を思われますなら、冬期講座又は1月~の通塾をお勧め
  致します。
  まずは、無料体験学習から、
  家庭での勉強の習慣化こそ、成績を良くするコツです。
  鉄は熱いうちに打て!
  
勉強の習慣化を身に付けるのに、時は選びません。 早いに越したことはありません。  
 
  
理想的には、小学校1年生~付けていただくが良いでしょう。
  遅くとも、学校下級生までに付けていただくと、お子様ご本人もお母様も、後が楽です。
  生徒さんを見させて頂いて思いますが、
  小学校4年生くらいから、勉強習慣をつけましょう。とすると、大変です。 
  「家で、勉強する。」というあたりまえのことを、身に付けるに、時間がかかります。
  どうしてかと言うと、「めんどうくさい。」という、つぶやきが入るようになります。
  「えんぴつを持って、字を書くのが、めんどうくさい。」といった感じです。
  「ゲームが好きで・・・。」 「ゲームしている間は大人しいので、いいか!」と、楽で時を過ごして
  いると、そのツケは、「勉強する習慣が付いていない。」という形で、返って来ます。
  

  「勉強は大切! お友達と遊ぶのは、宿題をしてから、勉強してから。」と、ご家庭のルールを
  作られると良いでしょう。
  時に、できないことがあっても、よいです。
  「勉強が先」という意識づけが大切なことです。 勉強時間は、20分くらいでも良いのです。

 


      
       
         092-681-7774 (携帯へ転送・常時)
            お気軽に、お尋ねくださいませ。