例えば、「算数、数学が苦手!」というお子さんがいらっしゃるかもしれません。
   授業を受けて、理解できたつもりで試験にのぞんだ時に、
計算
トレーニング、思考トレ
ーニング等での練習をせず、実践力が身についていない場合、得点できないのは当たり前
ですが、そういう時に、お子さんは、自
分があまり勉強(トレーニング)していないことは
忘れて、
その様なこと(トレーニング不足)がきっかけで「苦手意識」だけが芽生えるこ
とがある
から要注意です。

 
また、数回の取ってみえた点数だけをみて、「あなた、
数学が苦手ね~」と、
親御さんが言ってしまう場合も要注意です。
勉強をあまりしていなくて⇒テストを受けて⇒良い点でないのは当然なのに、
お子さんへの
苦手意識の植え付けだけが、残ってしまうことがあるからです。
 

 その様なことで、苦手意識が、お子さんの心(頭)の中で支配しているかぎりは、
折角、すばらしい大脳コンピュータを持っていても、その性能を十分に発揮することは、
難しくなるでしょう。
 そこで、成績向上学力アップ
アップのためには、苦手意識影響力弱めることが必要に
なります。

 

  第一に、親や指導者が「苦手である」と決め付けないことが重要です。
 次に、お子さんに、勉強をしていただくことです。
 どのようにするかというと、「小さな成功の積み重ね」を体感していただくことです。

 「小さな成功の積み重ね」とは、算数・数学ならば、できる(わかる)ところまで戻り、
わかる!」「わかる!のたのしさを経験しながら、一歩一歩、前進していただき、
過去に間違えて苦手意識が芽生えてしまった箇所を、「わかる!」の自信と共に、
丁寧に、乗り越えていただくことです。
壁を乗り越える「
小さな成功」により、自信が育まれ、結果として、実力(成績・学力)
が表に出てきます。
そのちょっとした、学習との向き合い方、アプローチ方法がうまく行けば、
他教科へも、試してみる心が芽生えたり(自立学習)、学科以外の興味から自分で
その分野の能力を伸ばすようになることもあります。
そういう流れに乗った場合、「努力」というよりも「楽しむ」意味合いが強くなり、
積極的な状態が、親や友人にも影響し、学習環境そのものが「より良く」なります。
                

  学習における小さな成功の積み重ねですが、これは大人、社会人においても、
共通して言えることだと思います。 
子供たちに、義務教育の学習を通して伝えることは、決して高い得点を取るという
表面的な意味合いだけのものではないのです。
良い点数を取ろうとする時に、努力する心挑戦する心自分を信じる心が必要で、
「それらの思いを基に、努力した時に、結果が出る。」という経験の積み重ねと思います。
その経験が、人生の土台を作り、その様にできた子が、社会にも通用する人として、
力強く、生きて行ける人になると思います。