7月22日(金)、お父様より、お電話いただきました。

 「夏期講座、まだ、受けれますか?」と。

 「はい! どうぞ。まずは、無料体験にお見えになりませんか?」

 「勉強はできていません。部活もしていません。家内が、ある塾に行ったのですが、

   『やる気のない生徒は受け入れられません。』と言われました。そのようでも、良いでしょうか?」

 「よろしいですよ。まず、お話伺いましょう。ご都合よろしい時に、お訪ねください。」

 「はい!家内と相談して、また、連絡します。」

 
  ということで、24日()午後、ご両親様と中2生が、相談と体験に見えました。

  生徒さんは、ご自分の思いを表すことが不得手のご様子でした。

  無料体験をされて、アンケートの「ここで勉強をしてみたい」に、「はい」と意思表示くれました。

  ご両親様も、「よろしく、お願いします。」ということで、毎日3時間の受講を決められました。
  
    

  25日、26日と2日間の授業が終わりましたが、3時間もくもくと、学習に励んでいらっしゃいます。

  意思表示が不得手なので、微妙な表情の変化から学習希望箇所等を判断して進めています。

  彼の「意思表示できる。」も育てたいので、聞こえないような「はい。」の意思表示を待つことも

  しています

  途中、英語学習をはさみながらも、1年生の「正負の数」の復習、「文字と式」の確認、2年生の

  「式の計算」の半ばまで、進みまれました。

  理解力、計算力は、程々におありです。 学習3時間も、疲れた様な様子も見せられず、努力され

  ています。  

  家庭学習も、24日、25日と1時間ずつ、されています。

  それで、「家庭学習は、午前中、2時間。夕食後1時間、計3時間できる様に延ばしてみよう!」と

  指導致しました。

  
  毎日、3時間、熱心に、学習されていることを、嬉しく思います。

  少しずつ、自信を付けて行かれますようにと願いながら、また、信じて!! Go!